無利子期間を利用してお金を借りるメリット

無利子期間を利用してお金を借りるメリットは、少ない負担でお金を借りることができる事です。ふつうは、無利子でお金を貸す人や業者はいませんので、返済をするにあたって利息を付して返済しなければなりません。利息は、利率があらかじめ合意で定められているため、それに従って日割りで算出されます。借りる額が少ない場合は、この負担もそこまで大きい物ではありませんが、借りる額が大きくなると利息が大きくなります。そのため、無利子でお金を借りることで、それなりの負担の軽減を図ることが可能となります。
このような無利子期間を用意しているのは、消費者金融業者です。消費者金融業者は普通、お金を貸す際に利息を取ります。そして、利息を取らないでお金を貸すことは、管理コストなどを考えると赤字です。それでも、こういった仕組みを取り入れているのは、利用者を拡大させる意図にあります。消費者金融は、あらかじめ枠を設定して、その範囲で自由に借りることができるようになっていますが、そもそも会員になってもらうことができないと利用されません。そこで、最初は利益にならないとしても、のちに利用してもらえれば利益になるため、会員の囲い込みのために無利子期間を設けています。
このような理由で導入しているため、無利子期間が利用できるのは初回限りです。すでに完済した人が新たにお金を借りる場合は適用されません。そのため、もし、利用したことがないというのなら利用可能です。

Word